ニュース&トピックス

2022.01.24
【競技会info】第13回全日本学生ライフセービング・プール競技選手権大会兼ジャパンオープン2021 ※2022.1.24(月)更新

【2022年1月24日(月) 12:45更新】

第13回全日本学生ライフセービング・プール競技選手権大会兼ジャパンオープン2021に関する情報をお知らせいたします。

①2次要項を公開いたしました。
https://ls.jla-lifesaving.or.jp/lifesaving-sports/event-schedule/no13-student-lifesaving/

②参加辞退について
新型コロナウイルス感染症の状況・情勢を鑑み、参加を辞退するチームは、「compe@jla.gr.jp」宛にご連絡をお願いいたします。その際、次の内容をメール本文にお書きください。
・チーム名称
・辞退する対象者(全員なのか、一部の個人だけなのか)
・連絡先
・辞退する理由

③エントリー費の返金について
大会を開催する限り、原則としてエントリー費の返金は行いません。ただし、例えば大学単位で活動制限がかかってしまったなどの理由により、クラブや本人の判断に依らず参加が不可能となってしまった場合に限り、返金について検討をしております。この場合は、大学側の通知文書等(証明となるもの)を提出していただくことも検討しています。
返金の有無、返金対応を実施する場合の返金の金額や手続等が決まりましたら、該当するチームにご連絡いたします。

 


【2022年1月21日(金) 18:30更新】

第13回全日本学生ライフセービング・プール競技選手権大会兼ジャパンオープン2021に関する情報をお知らせいたします。

①開催可否について
大会実行委員会にて検討をした結果、厚生労働省やスポーツ庁などの国の指針に従い、
本日1/21(金)時点においては、「実施する」として準備を進めております。

②感染対策の強化
大会前14日間の体調管理記録のほか、来場前のPCR等のウイルス検査を必ず実施してください。また、その検査結果が判るもの(陰性証明書やメール通知、など)を当日持参していただき、入場時の受付時に検査結果を係員に提示をしてください。
検査キットの持参が困難な場合は、次のようにして写真撮影をしたもののみ提示を認めます。
・時計(日時がわかるように)
・検査の結果+身分証明書が写っている写真の提示
なお、虚偽申告が発覚した場合は、チーム全体として出場停止や失格などの措置をとる場合があります。

③陽性判定を受けた場合、濃厚接触者となった場合
厚生労働省の指針に従い、療養期間または待機期間を過ぎており(療養解除)、
症状が軽快し、かつ指定の回数のPCR検査において陰性が確認できた場合は、出場を認めます。
ただし、大会前の原則72時間以内に発行された検査結果(陰性)も同様に必要となります。
療養期間または待期期間が大会日と重なる場合は、残念ながら出場することはできません。

④2次要項
間もなく公開いたします。しばらくお待ちください。

参加者全員が安全に、そして安心して競技会を実施するためにも、参加者全員のご協力が不可欠となります。ご不便をおかけいたしますが、どうぞご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

※参考
■厚生労働省のページより
①陽性だった場合の療養解除について
https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/kenkou-iryousoudan.html#h3_2_5
②退院基準・解除基準の改定
https://www.mhlw.go.jp/content/000639696.pdf
感染者の療養解除および濃厚接触者の健康観察の期間の短縮につい
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000881512.pdf

■スポーツ庁より
1月19日に決定されたまん延防止等重点措置について
https://www.mext.go.jp/content/20220120-mxt_kouhou01-000007004_2.pdf?fbclid=IwAR1nzm37MrdITrrVuPRxJKoxD2Jc0C_NgKjVGLIphXHF4vMtWPeSjIakbPc

 


【2022年1月14日(金) 12:00更新】

第13回全日本学生ライフセービング・プール競技選手権大会兼ジャパンオープン2021に関する情報をお知らせいたします。

①開催可否について
現時点においては、「実施する」予定にて準備を進めてまいります。

②大会前14日間および当日の体調管理記録について
1/15(土)〜1/28(金)まで、ならびに競技会当日1/29(土)〜30(日)期間において、検温と体調についてチェックし、それを主催者指定の専用アプリケーション「テレサ」を使って、必ず記録をつけてください。関係者全員、必須となります。
(共通)2021インカレプール_テレサ利用方法案内

③ウイルス検査について
新型コロナウイルス感染症におけるウイルス検査の実施をお願いいたします。詳細は以下の通りです。なお、検査費用等は各自(競技者、競技役員ともに)または各チームの負担となります。感染拡大を防止し、安心して大会を実施するための措置となりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。
・競技会の参加者は全員、新型コロナウイルスに対する何らかのウイルス検査を必ず事前に実施すること。
・ウイルス検査の種類(PCR、TMA、StAmp、抗原定量、抗原定性など)や検査キットは任意のものでよいとする。
・原則来場72時間以内(正当な理由がある場合は最長1週間以内)に”発行された”検査結果をもって陰性を確認すること(陰性証明書等の提示は不要とする、発熱があったり後日陽性となった場合に提示できるような記録は必要)。
・「陽性」の判定通知が届いた場合は来場せず、然るべき措置(特定の医療機関の受診、保健所への連絡、など)をとること。
・大会終了後に陽性者が発生した場合は、ただちに大会実行委員会(JLA事務局)まで報告をすること。

 


【2021年12月24日(金) 23:45更新】

エントリー確認データを掲載いたします。不備指摘や変更申込は1次要項の通り申請をしてください。
※一部データに誤りがありましたので、差し替えをしております。

(チーム)2021インカレプール_エントリー確認データ_個人種目_211224
(チーム)2021インカレプール_エントリー確認データ_チーム種目_211224

 


【2021年12月3日(金) 19:45更新】

第13回全日本学生ライフセービング・プール競技選手権大会兼ジャパンオープン2021

エントリー<1次要項>を掲載いたしました。

詳しくはこちら>>

 

■開催日時
2022年1月29日(土)~30日(日)

■会場
静岡県立水泳場(静岡県静岡市葵区西ヶ谷357-2)
https://shizuoka-pool.com/kensuiei/

■競技会の形態
大学生、大学院生、専門学生等による「学生選手権」を主として実施いたします。
併催として「ジャパンオープン」を開催いたします。一般、高校生、中学生もご参加いただけます。ただし、タイムは参考記録とし、表彰対象とはなりません。

■実施種目
学生選手権は男女別、ジャパンオープンは男女混合(区分分けなし)で実施予定です。
・障害物スイム(200m)
・マネキンキャリー(50m)
・レスキューメドレー(100m)
・マネキンキャリー・ウィズフィン(100m)
・マネキントウ・ウィズフィン(100m)
・スーパーライフセーバー(200m)
・ラインスロー(12.5m)
・マネキンリレー(4×25m)
・障害物リレー(4×50m)
・メドレーリレー(4×50m)

<本競技会について>
従来の競技会運営と異なる点が幾つかあります。詳細は募集要項をよくお読みください。
また、新型コロナウイルス感染症の拡大予防のため、ガイドラインの遵守及び履行はもとより、参加者1人ひとりの理解と行動が必要となります。ご協力のほどよろしくお願いいたします。
新型コロナウイルスの流行に対し、要項発表の時点では実施の方向で準備を進めていますが、今後、感染拡大の危険性、流行のピーク、開催地を管轄する都道府県及び自治体の方針などをふまえ開催中止も含め変更する場合があります。あらかじめご了承願います。

<エントリー不備について>
毎回、非常に多くのエントリー不備が見受けられます。
チーム代表者やエントリー担当者のみならず、競技者及び認定審判員個人においても資格登録費未納等の不備がないように、よくご確認いただくようお願い申し上げます。

※2021年度の本協会登録(資格登録費の支払い、選手登録及び登録費の支払い、クラブ加入申請、など)は、2021年3月8日(月)より登録受付を開始しております。必ずエントリー締め切り日時までに各種登録を完了するようにしてください。各種登録はLIFESAVERS(https://life-savers.jp/)にて手続きをしてください。

以上

ニュース 一覧へ