アカデミー

大切ないのちをまもる、
つなぐ。
JLAでは、誰もが身につけるべき「自身を守る、溺れないためのプログラム」「もしも隣で人が倒れた場合の対処を学ぶプログラム」から、「実際に事故を未然に防ぎ、溺者を助ける救助技術」まで、水辺の悲しい事故をゼロにするための資格講習会を開催しています。

関連ニュース

JLA ACADEMY概要・体系

日本ライフセービング協会が実施しているセミナー・プログラムです。ライフセーバーを目指している方は「ウォーターセーフティ」からはじめて下さい。一般の方もBLS(心肺蘇生法:心マッサージ、人工呼吸)講習がございます。是非受講してみて下さい。
  • ウォーターセーフティとBLSは、取得する順番が逆になっても構いません。
  • 「CPR」資格は、2014年4月1日より「BLS」に名称変更となりました。
  • ベーシックサーフライフセーバー、アドバンスサーフライフセーバー、プールライフガード、アドバンスプールライフガード、IRB クルー、IRBドライバー、リーダーの各ライセンスを取得する場合、BLS(CPR+AED)、ウォーターセーフティは必須ライセンスとなりますので、予め取得して下さい。
  • インストラクター講習の詳細は「その他ライセンス」欄で紹介している「指導員養成」をご参照下さい。