アカデミー

サーフライフセービングコース

人と海をつなぐ架け橋に

ライフセービングは「溺れた人を救う」という救助活動から、溺れない安心な環境をマネジメントすることを重点課題としています。実際の溺水事故例の分析から、人間の危険な行動という人的要因と自然(海浜状況)という環境要因を知り、監視ポイントを明確に学びます。 また万一の危険な状態の人に対する救助技術や、応急手当の実践的技能を習得します。全国の海水浴場に対し、日本ライフセービング協会認定のサーフライフセーバーが活動する数は、まだまだ不足しているのが現状です。 “水辺における悲しい事故を減らすために...”この資格が担う大切な使命です。

サーフライフセービングコース資格体系

ベーシック・サーフライフセービング講習会

講習会情報

講習会名 ベーシック・サーフライフセービング講習会
資格の名称 認定ライフセーバー資格
有効期限 検定試験合格日の翌年度から3年間

目的

海浜での事故防止に携わるにあたり、自らの安全を確保し、監視・救助・救護等の安全管理に適切に対応できる基礎的な知識と技能を身につけ、マリンスポーツに携わる人々の模範となる者を養成する講習会です。

標準時間 28時間(4日間)

学科
  • ライフセービング概論
  • ライフセーバーの心がけ
  • 海の知識
  • サーフパトロール
  • サーフレスキュー
  • 応急手当
  • 溺水者に対するBLS
実技
  • フィットネストレーニング
  • サーフレスキュー
  • 応急手当
  • 溺水者に対するBLS

受講条件

年齢 15歳以上(中学生を除く)
泳力 50m/40秒以内、400m/9分以内、潜行/20m以上、立泳/5分以上
資格 ウォーターセーフティおよびBLS資格を取得している方(有効期限内)

講習会費※教材費込み

32,000円
LIFESAVERSからお申し込みください。電話、郵送、FAXでのお申し込みは受け付けておりません。

お申し込み方法

  1. STEP 1
    LIFESAVERSに
    ログイン
  2. STEP 2
    講習会申し込み・
    検索画面で
    スケジュールの確認
  3. STEP 3
    LIFESAVERSで
    お申し込み
  4. STEP 4
    支払明細を
    発行する
  5. STEP 5
    ご希望のコンビニで
    講習会費のお振込み
お申し込みは申込み書類の郵送及び、講習料のお振込みを持って完了となります。ご注意ください。

アドバンス・サーフライフセービング講習会

講習会情報

講習会名 アドバンス・サーフライフセービング講習会
資格の名称 アドバンス・サーフライフセーバー資格
有効期限 検定試験合格日の翌年度から3年間

目的

海浜で監視・救助・救護等の活動を経験した者が、周囲の安全を確保し、事故防止や水難事故に対して適切に対応できる、より専門的で実践的な幅広い知識と技能を身につけた者を養成する講習会です。

標準時間 28時間(4日間)

学科
  • ライフセービング概論
  • ライフセーバーの心がけ
  • サーフ技術とトレーニング理論
  • 海の知識
  • サーフパトロール
  • サーフレスキュー
  • 応急手当
  • 心肺蘇生
実技
  • フィットネストレーニング
  • サーフパトロール(シミュレーション含む)
  • サーフレスキュー
  • 応急手当
  • 熟練救助者が実施するBLS

受講条件

年齢 16歳以上
泳力 50m/35秒以内、800m/14分以内、潜行/25m以上、立泳/10分以上
資格 ベーシック・サーフライフセーバー資格を取得している方(有効期限内)
経験 ベーシック・サーフライフセーバー資格取得後、海浜での監視・救助・救護等の活動を経験していること。

講習会費※教材費込み

27,500円
LIFESAVERSからお申し込みください。電話、郵送、FAXでのお申し込みは受け付けておりません。
  1. STEP 1
    LIFESAVERSに
    ログイン
  2. STEP 2
    講習会申し込み・
    検索画面で
    スケジュールの確認
  3. STEP 3
    LIFESAVERSで
    お申し込み
  4. STEP 4
    支払明細を
    発行する
  5. STEP 5
    ご希望のコンビニで
    講習会費のお振込み

認定ライフセーバー資格の登録費について

認定ライフセーバー資格取得後の翌年度から資格登録費として毎年4,500円を支払う必要があります。 なお複数資格保有していても、登録費は4,500円です。