溺水防止救助救命

ライフセービングレポート(パトロールログ)の集計方法

公益財団法人日本ライフセービング協会(JLA)では、都道府県協会及び加盟クラブを通じて全国の認定ライフセーバーたちが関係している水浴場の監視・救助活動における溺水事故や傷病をはじめ、パトロールに関わる 様々な情報を集計・分析して溺水事故の実態をアニュアルレポートやホームページで 一般へ広く公開し、今後の溺水事故防止や傷病者の社会復帰率の向上に努めています。

皆様のご協力のもと集計されたデータは、関係行政様などにお示しし、水辺の安全環境づくりに必要な活動と、国民に広くご理解いただける根拠となる重要な数字です。

e-パトロールログについて

従来の紙媒体のパトロールログを電子化したe-パトロールログ(e-ログ)が完成しました。
スマートフォン等から専用サイトにアクセスし、海水浴場毎に割り当てたIDとパスワードでログインすれば、パトロールログの各項目を入力することができます。
これにより、従来はシーズン終了後にログデータを集計したライフセーバーレポート(エクセル集計ファイル)を提出して頂いていましたが、今後はその作業が無くなります。
各ライフセービングクラブにあっては、管轄する都道府県協会より専用サイトのURL,IDとパスワードを入手してください。

2020年度のe-ログ活用の留意点

  1. 2020年度は移行期とし、従来の紙媒体のログとe-ログの両方への記録をお願い致します。e-ログの入力が難しい場合は紙媒体への記録を優先してください。
  2. 先に述べた通り、e-ログの活用により、ログデータはシーズン終了後に自動集計されるため、従来のライフセーバーレポートの提出作業が無くなります。ただし、e-ログの活用開始前から今年度の活動を行っている海水浴場(海岸)にあっては、活用開始前までの期間の紙媒体のログデータのみ集計して、従来通りライフセーバーレポート(e-ログ活用前までの集計値)を提出してください。
    また、今年度の全期間を紙媒体のみで記録した場合は、従来通りライフセーバーレポート(全期間の集計値)を提出してください。
  3. 電子ログは日付をさかのぼって入力することができません。必ずその日のうちに入力して下さい。
  4. 電子ログの推奨ブラウザは「MicrosoftEdge」「GoogleChrome」「safari」です。

    ※専用URL、IDとパスワードは管轄する都道府県協会より入手してください電子化により、スマートフォン等から指定 URL にアクセスし、入力することが可能となります。

2020.07.25【重要】2020年度e-パトロールログ(e-ログ)のお知らせ

紙媒体のパトロールログについて

2020年度は、パトロールに関する各種書類(パトロールログ、レスキューレポート、傷病者記録票、ライフセーバーのための惨事ストレス対応へのガイドライン)は、JLAホームページからダウンロードしていただき、各クラブで印刷して活用していただきますようお願い申し上げます(従来のように紙媒体での配付はいたしません)。なお、本ページ末尾のリンクより書類一式がダウンロードできます。

2020.07.03【重要】2020年度パトロールログ、レスキューレポート、傷病者記録票等の配付について

添付書類一覧

(1)パトロールログ
・パトロールログ本紙
・パトロールログ記入方法
・パトロールログ記入例
(2)レスキューレポート
・レスキューレポート本紙
・レスキューレポート活用方法手引き
・レスキューレポート記入例
(3)傷病者記録票
・傷病者記録票本紙(救急隊配付用、クラブ控え用、JLA 送付用)
・傷病者記録票活用方法手引き
・傷病者記録票記入例
(4)ライフセービングレポート集計フォーマット(提出期限:2020年9月15日まで 沖縄県除く)

2020年 パトロールログ関連書類一式.zip(2MB)

以上、皆様にはご負担をおかけ致しますが、ご理解の上、ご協力の程宜しくお願い申し上げます。

e-ログ Q&A (2020年8月7日現在)

Q1 本年度、新規の海岸についてe-ログは活用できますか?
できません。紙媒体での記録をお願いします。e-ログが活用できる海岸は、前年度にログデータの提出があった海岸を対象としています。新規の海岸については、本年度にログデータを提出いただくことで、次年度の対象リストに加えますので必ずご提出ください。
Q2  e-ログのデータ入力について、前日にさかのぼって入力はできますか?
できません。その日のうちに必ず入力してください。
Q3 当日なら追加記入や訂正はできますか?
できます。当日中の追加記入や訂正は可能です。訂正は当日中であれば何度でも繰り返し可能です。ただし、入力項目によって上書き更新する項目と一度削除して再入力する項目の2つの方法があります。
Q4 レスキューなど件数が多い場合の入力方法は?

レスキューなど複数回に分けて追加入力ができます。したがって、時間経過とともに複数回の事案が発生した場合は、その度毎に適宜追加して入力可能です。

Q5 本年度は海水浴場としての開設がないものの巡視を実施しています。ただ、巡視だけのため、e-ログに記入できる項目がほとんどありませんが、参加メンバー名だけでも記入した方がよいでしょうか?
メンバー名だけでも入力いただき、日々の記録として残してください。今後、クラブ側においても入力したデータをデータ出力できるようシステムを準備していますので電子化への移行に向けて継続して入力いただきますようお願いします。
Q6 風力、波高の数値の入力で、「1」以下の数値入力は可能ですか?
少数1桁まで入力可能です。また、気温、水温についても少数1桁まで対応しています。