ハイパフォーマンスプログラム

The Lifesaving World Championships 2022 (LWC)

日本ライフセービング協会は、2022年9月26日からイタリア・リッチョーネで開催されるライフセービング世界選手権大会2022 (The Lifesaving World Championships 2022:以下LWC2022) へ日本代表選手団を派遣します。

日本代表選手団 派遣概要

大会名
Lifesaving World Championships 2022 (LWC2022)
主催 国際ライフセービング連盟(ILS)
会場 【プール】Stadio del Nuoto Riccione, Via Monte Rossa, Riccione Centre Via Monte Rosa, 60, 47838 Riccione RN, イタリア
【オーシャン】Via Torino 72, 47838 Riccione
実施競技種目 【プール競技】個人6種目、チーム5種目
【オーシャン競技】個人6種目、チーム5種目
派遣日程(予定) 9/21(水):日本出国
9/22(木):イタリア入国
9/23(金):トレーニング、調整
9/24(土):トレーニング、調整
9/25(日):トレーニング、調整、開会式
9/26(月):トレーニング、調整、Briefing
9/27(火):Open Pool / Youth Ocean
9/28(水):Open Pool / Youth Ocean
9/29(木):Open Pool / Youth Ocean
9/30(金):Open Ocean / Youth Pool
10/1(土):Open Ocean / Youth Pool
10/2(日):Open Ocean / Youth Pool、閉会式
10/3(月):調整日
10/4(火):イタリア出国
10/5(水):日本帰国
日本代表パートナー企業 オフィシャルゴールドパートナー
オフィシャルサポーター

日本代表選手団派遣

スタッフ

団長
入谷 拓哉
JLA 理事長
監督
植木 将人
オープン監督
監督
北矢 宗志
ユース監督
コーチ
坂本 陸
HPTコーチ
コーチ
大島 圭介
HPTアシスタントコーチ
コーチ
平野 修也
HPTアシスタントコーチ
トレーナー
細川 英範
HPTトレーナー
トレーナー
神崎 智大
HPTトレーナー
トレーナー
清水 伸子
HPTトレーナー
スポーツ栄養士
松本 恵
HPT専門スタッフ
スポーツ栄養士
吉沢 幸花
HPT専門スタッフ
アシスタントチームマネージャー
齊藤 愛子
JLA 国際室
アシスタントチームマネージャー
城間 盛隆
JLA 国際室
スポーツ本部
青木 将展
スポーツ育成委員会委員長
広報
高野 絵美
JLA 広報室長
テクニカルオフィシャル
中島 典子
JLA 競技審判委員会 委員長
テクニカルオフィシャル
浜地 憲太郎
JLA 競技安全委員会
ILS理事
中川 容子
JLA理事・国際室長
ILSスポーツ委員
宮部 周作
JLA常務理事・ライフセービングスポーツ本部長

オープン日本代表選手

選手 男子 (Athlete Men)
選手 女子 (Athlete Women)
オープン監督コメント

日本では2019年度末よりコロナとの闘いが始まりました。本来は2020年に開催予定だったLWC2020は延期決定し、同年11月に第11期ハイパフォーマンスチーム(以下HPT)は解散しました。その後2020年に第12期HPTを結成し強化に務めて参りました。この2年間で環境が大きく変わった選手も少なくはありません。12期HPTで私が掲げた目標はLWC2022総合5位。RESCUE2010以来、総合7位という大きな壁を越えられなかったオープン日本代表でありますが、私はあえて目標値を上げ、強化指定選手とHPTスタッフと共には更に団結力を深め強化に取り組んで参りました。コロナ禍で練習環境を失った選手達も少なくありませんでした。時にはオンラインでチームミーティング・フィジカル・栄養学・アンチドーピングの学びを行うこともありました。概ね月に一度の強化合宿では充実感に満ち溢れた選手の笑顔が見られました。そして先日終えた代表選考対象レースに於ける選手とスタッフの全員の真剣な眼差しが忘れられません。誰が選ばれても互いにリスペクトできるチーム。それが第1期から継承されているJHPTの伝統です。
オープン日本代表は男女各6名。HPT・登録選手総勢70名から選ばれた選手は正にライフセービング日本代表として、自信と誇りを持ってレースに臨みます。1986年、第1回目であるライフセービング世界大会RESCUE86がカナダで開催されて、今大会で18代目の日本代表です。これまで歴史を築いて下さった歴代の日本代表に敬意を表し、LWC2022はイタリアリッチョーネの地で、歴史に残るレースを展開して参ります。目標は総合5位。過去最高位を目指します。
結にコロナ禍に於いてもご協賛頂いているオフィシャルゴールドパートナー、株式会社三洋物産様・株式会社三洋販売様。オフィシャルサポーター、アルコインターナショナル株式会社様、株式会社クレーマージャパン様をはじめ、日頃からライフセービング日本代表を応援して下さっている全ての皆様に感謝申し上げます。

LWC2022 オープン日本代表監督 植木将人

ユース日本代表選手

選手 男子 (Athlete Men)
選手 女子 (Athlete Women)
ユース監督コメント

ユース世代の特権は「夢」を持てる点にあります。「夢」は、大きければ大きいほど、やりがいがあります。2021年3月のキックオフミーティング以来、その「夢」を大きく膨らませて今日を迎えています。世界情勢が刻々と変化する中でライフセービングユース日本代表は平和の使者となり、世界のライフセーバーと共に競い高めあってくれると信じています。ユース日本代表が結成されて10年。脈々と受け継がれた命のバトンを11名が託され、明確な「目標」として歴代過去最高位の国別総合第3位を目指します。チームスローガンは「Bridge to the Future!」未来への架け橋であります。自分たちが未来へ繋がる橋をかけ、その橋を渡ってくれると期待するユース日本代表であります。今後の日本を支えるライフセーバーたちの活躍に是非ご注目ください。
結びに今大会派遣にご支援ご協賛頂きます、株式会社三洋物産様/株式会社三洋販売様をはじめとする企業の皆様方、そしてここまで素晴らしい青年たちに育てて頂いた保護者の皆様に感謝を申し上げご挨拶とさせて頂きます。

LWC2022 ユース日本代表監督 北矢宗志