ハイパフォーマンスプログラム

The World Games 2022 (TWG)

日本ライフセービング協会(以下JLA:東京都港区浜松町2-1-18)は、 2022年7月6日からアメリカ合衆国・バーミングハムで開催されるワールドゲームズ2022(The World Games 2022:以下TWG2022) へ日本代表選手団を派遣します。

日本代表選手団 派遣概要

大会名
The World Games 2022
主催
International World Games Association (国際ワールドゲームズ協会)
派遣期間
2022年7月6日(水)~7月13日(水)
主な日程
7/6 :出国
7/7 :開会式
7/10:障害物リレー(4x50m)
7/11:マネキンリレー(4x25m)、メドレーリレー(4x50m)
7/13:帰国
大会会場
Birmingham Crossplex Pool
日本代表
パートナー企業
  • オフィシャルサプライヤー
  • 株式会社クレーマージャパン

大会WEB

日本WG協会:https://www.jwga.jp
TWG2022:https://twg2022.com
Lifesaving競技:https://twg2022.com/sports/lifesaving/
JLA Facebookページからの情報もお見逃しなく → https://www.facebook.com/JLAHPT

日本代表選手団派遣

日本代表

スタッフ (STAFF)
監督
植木 将人
(Masato Ueki)
コーチ
坂本 陸
(Riku Sakamoto)
アシスタント
マネージャー
大山 玲奈
(Reina Oyama)
トレーナー
細川 英範
(Hidenori Hoskawa)
スポーツ栄養士
松本 恵
(Megumi Matsumoto)
選手 男子 (Athlete Man)
山形LSC
平野 修也
(Naoya Hirano)
バイキングス
安藤 秀
(Suguru Ando)
横浜海の公園/早稲田
板場 貴大
(Takahiro Itaba)
鹿嶋/早稲田
高須 快晴
(Yoshiharu Takasu)
湯河原
西山 俊
(Shun Nishiyama)
選手 女子 (Athlete Woman)
茅ヶ崎
那須川 紗綾
(Saaya Nasukawa)
和田浦
伊藤 若菜
(Wakana Ito)
九十九里/
日本大学
平井 葉子
(Hako Hirai)
鴨川
八木 愛海
(Manami Yagi)
鹿島
山岸 夢
(Nozomi Yamagishi)
監督コメント

世界では年間で24万人もの尊い人の命が水辺の事故で失われてます。ライフセービングとは水辺の事故防止のための実践活動であり、溺れない安心な環境のマネジメントを含め、総合的に安全を提供できる活動を普及しています。
ライフセービングスポーツは実際の救助に必要要素をベースに作られており、オーシャン競技、プール競技、SERC競技があります。
TWG2022で行われるプール競技では選手が溺者にたどり着く時間を競います。それらは溺者の生命を救える可能性を意味します。
我々は2021年2月からチームを再結成し、出場権獲得を目指してきました。選手、スタッフを含めたチーム一人一人の想いと努力が結束しています。
今大会では、男女合計3つ以上のメダル獲得、特に男子4×50障害リレーでは連覇を目標としています。

結にコロナ禍に於いてご協賛頂いている企業様、今大会にご尽力頂いた関係者の皆様に感謝申し上げます。